血圧を測ればみんな病人に

血圧を測ればみんな病人に

現在の血圧の基準値は、最高(収縮期)130以下、最低(拡張期)8以上となっています。少し前には最高値は140でした。さらに前には年齢プラス体重といわれていました。私にもっともなじみがあり、また妥当だと思っているのは年齢プラス体重です。基準値がどんどん厳しくなっているのがわかりますが、変だと思わないでしょうか。

現在の基準値では、老人のほとんどは高血圧症として要指導、要医療の判定を下されてしまいます。世間のほとんどが病人だという社会は異常です。これは基準値が間違っていることを意味しています。数値を変えてきたのは、何か思惑があってのことと勘ぐられてもしかたがないでしょう。人間は加齢とともに血圧が高くなります。そういう存在です。年とともに老廃物の酸化物質が増えていき、交感神経が緊張した状態が優位になります。

それは、生体が粗粒球型に移行していくことを意味しています。それが極限までいったときが死です。つまり年をとれば、血圧が高くなり、脈が速くなるのは自然なことなのです。基準値を固定してしまったことのおかしさがわかるでしょう。医師に勧められるままに降圧剤を常用すると、ますます交感神経が緊張を強め、脳に血液が行かなくなります。ぼけるのです。

腎障害を呼ぶという副作用もあります。数値に神経質になった人は、数値の上下が気になって一日中血圧を測っています。血圧は必要があれば高くなるし、必要がなければさがるものです。動くものです。それが当たり前なのです。筋緊張、めまい、肩こりなどの症状がないなら、気にすることはありません。本態性高血圧症という病名がありますが、高血圧の理由がわからないという意味です。わからないけど、高い。わからないといいながら、降圧剤を処方するのだから、変な話です。

高血圧が起こる理由は、交感神経の緊張にあります。ストレスがあれば、血圧は高くなるのです。「血圧は一日中変動しています。夜寝ているときは、重力から解放されて筋肉が弛緩しているので、血圧は低下しています。最大で100前後でしょう。朝になり、目が覚めるとともに血圧は上がっていきます。120~140になり、活力を高めていきます。日中も仕事に熱中したりすれば、一時的にさらにあがります。激怒したりすれば軽く250を突破します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です